外板価値減点

 修復歴に該当しなくとも、「外板価値減点」が適用される場合もあります。ランクは2種類あり、比較的軽微に当たるケース(ねじ止め外板で連続する複数のパネルの交換を要するもの、交換跡のあるもの)は外板価値減点①をとります。ねじ止めではない一部の例外に当たる部位として、ボンネットタイプの場合、リヤフェンダ・リヤエンドパネル・ボディサイドシルがこれに当たります。こちらは修復歴減点ではなく、外板価値減点②をとります。

 

 ここらへんは詳しく書いてしまうと、中古自動車査定士のハンドブックの出来上がり!となってしまうので、計算方法や修理箇所が重複したときの考え方などは省略します。

 

 以前、「評価損」を保険会社などに認めさせるためには、(一財)日本自動車査定協会発行の「減価額証明書」を発行してもらうのが望ましい、とお話ししましたが、修復歴減点の場合「事故減価額証明書」、外板価値減点の場合「外板価値減価額証明書」となります。ただでさえ「評価損」を認めたがらない保険会社ですが、外板価値減点(=中古車販売時に表示義務のある修復歴にはあたらない)の場合で「評価損」を認めたケースも存在するようです。


四輪自動車、バイク【小型二輪自動車】、軽自動車【軽四輪自動車、軽二輪自動車】移転登録(名義変更)、変更登録、抹消登録、ナンバープレート 再交付【再生】、管轄変更、希望ナンバー、各届出、車庫証明、自賠責保険後遺障害等級認定、特殊車両通行許可申請、農地転用 などは・・・
アシストプロ行政書士 事務所代表 水谷ひさし

アシストプロ行政書士事務所

三重県三重郡菰野町

      菰野1585-27

TEL:050-1566-9995

FAX:059-394-5313 

直通携帯:090-3956-0181

         

email:samurai@assist-pro.jp

 

休業日:不定休

 

 

 

お気軽にご相談ください

  Facebook、やってます!↓

La Festa Primavera 2017 (ラ・フェスタ・プリマベラ2017)
>> 続きを読む

高速道路区間のみの特殊車両通行許可申請
>> 続きを読む

La Festa Primavera 2017 (ラ・フェスタ・プリマベラ2017)
>> 続きを読む

ホームページでは書ききれない詳細な解説、日々の出来事など、ブログで随時更新中!